コーチ歩です!
4/8(土)と9(日)、ひたちなか市にある健康靴店の老舗「キャッチボール」さん主催のMBTスロージョギング体験会にコーチとして参加しました。

MBTとは?
イメージ 6


スイスのシューズメーカーです。独特のソールの形状と素材で、どんな路面でも、柔らかな不整地の土の上を走っているような状態にしてくれるので、自然に必要な筋肉が鍛えられるという優れもの。

水戸ランナー塾の教えの核となっている「ウォーキング」と「スロージョギング」に最適なシューズです。

僕も去年の夏からスロージョギングの際に使ってますが、正しいフォームが意識しやすくなり、脚の疲労が抜けやすくなったと感じています。


今回は仁コーチと僕の他に、
MBTを愛用している現役のマラソンランナー・サイラス・ジュイ選手、サイラス選手が所属しているSEV SPORTSの土門さん、MBTの販売元であるエヴァニューの湊さん、伊藤さん、そして東洋大をはじめ様々-な選手を見ているトレーナーの足立さんという豪華な顔ぶれ。

イメージ 1

 真ん中がサイラス・ジュイ選手です。
そして一番左がSEVの土門さん。ロンドン五輪代表の藤原新選手とも深い繋がりがあり、仁コーチの教え子である打越忠夫コーチともよく交流を持っている方で、仁コーチとすぐに意気投合してました(笑)



2日ともあいにくの雨でしたが、たくさんの人が集まってくださり感激!!

サイラス選手がMBTを使う理由は、一言で言うと「ケガの予防」。

日本はアスファルトばかりでかなり脚にダメージを感じるとのこと、特にフルマラソンを走った後は筋肉痛が酷いそうです。

ケニアではアスファルトはあまりなく、ほとんど土の上を走るので、脚へのダメージが全然違うのだそうです。

MBTはアスファルトの上でも土の上を走っているような状態にしてくれるので、筋肉がストレッチされて回復が早いと言っていました。


そして、みなさんが一番驚嘆していたのは、これです。

イメージ 2


サイラス選手のこの体つき!
ウェイトトレーニングなどの筋トレは一切してないというのですからビックリΣ(゜Д゜)

ウォーキングとランニングだけで鍛え上げているそうです。
サイラス選手はウォーキングではしっかり腕を振ってました。起伏があるところを走ったり、スピード系のトレーニングで十分にとのこと。

必要のない余計な筋肉が付くリスクがあるので筋トレはしないと言ってました。

仁コーチの考えとかなり近いです。


ちょっと分かりづらいですが、

イメージ 3


肩甲骨周りの筋肉の動きが非常に柔らかいです。
両側をぎゅーっと寄せると背骨が見えなくなるほど。凄いです。

ケニアのランナーの胴が短いのは、栄養価が高く、消化の良いものを食べているからだそうです。
消化にかける時間が短いと腸が短くて済むので、胴がコンパクトになるということでした。

食事にはかなり気を付けていて、なるべく自然のものを食べるようにしているようです。例えば、肉は閉じ込められて人工飼料を食べているものではなく、放牧されていて草を食べているものを選ぶそう。


これも仁コーチかいつも言っていることと一致。

みなさんも、極力良いものを選んで食べましょう!
でも、今から頑張ってサイラス選手のように胴が短くなるという保証はしません(笑)


正しい立ち方、お尻の筋肉を使う感覚を覚えるエクササイズ、独特のウォーキングで自分のフォームの癖をチェックし、改善してランニングに繋げるなど、充実した内容でした。

僕もコーチとして参加しましたが、思いっきり楽しんでしまいました(^o^)

足立先生からは、フォーム改善の大きなヒントをいただきました。ありがとうございます!!
現役サブ10ランナーのサイラスと一緒にショートビルドアップや120m-200mの流しをできたのはとても刺激的でした。


参加したランナー塾の中学生も大きな影響を受けたようです(^^)
「ケニアに行きたい!」なんて言ってました(笑)

仁コーチも考えが合う人たちと出会えたことにとても感激してました。

最後にじゃんけん大会で盛り上がり、充実したイベントは終了。
イメージ 4


賞品は、サイラス選手のサイン入りTシャツや東洋大の日本を代表する競歩のトリオや短距離の桐生選手のサイン。
僕も参加したかったです(>_<")スタッフが勝ったらヒンシュクなので我慢我慢(笑)

イメージ 5


参加してくださった皆さん、ありがとうございました!!

サイラス選手を始め、スタッフの皆さん、大変勉強になりました。本当にありがとうございます!!
またご一緒にできる機会があればよろしくお願いいたします。

こんな素晴らしい場を設けてくださいったキャッチボールの猪狩社長、本当に感謝ですm(_ _)m