7/25(土)ケーズデンキスタジアムで水戸ナイター陸上が開かれました。
イメージ 3


私、コーチ歩は3000mに出場しました!

トラックレースに出るのは、大学2年に日体大記録会で10000mを走って以来、22年ぶりです(^^ゞ

去年の今頃はトラックに出るなんて考えもしませんでした。

なぜ??

○昔ほど速く走れないのがわかってる
○とにかくトラックレースのための練習はきつい

きっかけは、去年から今年の春にかけて、フルマラソンのために走り込んで、フルマラソンでサブ3を達成して(横浜マラソンが距離不足で幻になりましたが…)、少し手応えを感じていたので、試してみたくなったのです。

それを仁コーチに話すと、こう言いました。

「僕が現役時代、フルマラソンのトレーニングをしたあとのトラックシーズンは結果が良かったよ。歩もやってみたら?」

「じゃ、やってみようかな」

僕はその気になりやすいタイプです(笑)


しかし、2ヶ月でフルマラソンを3本走ったのは思ったより体の負担が大きく、3月の横浜マラソン以降、疲労で5月の中旬までは、あまり負荷をかけた練習ができませんでした。

5月末ごろからようやく週1から2くらいの頻度でスピード練習をこなせるようになると、スピードが徐々に上がってきて、

○速く走れないのはわかっている→そこそこ速く走れるかも
○スピード練習はきつい→きついけど面白い

に変化しました(^o^)

もちろん、基本はスロージョギングです。週4-5はジョギングで疲労を抜いたり、スタミナをつけたりしました。

おそらく出場したほとんどの選手より、楽な練習なのではないかと思います。

でも、練習はやれば良いというものではありません。大切なのは、故障せずに質の良い練習を積み重ねていくこと。体調や脚の調子を見ながら、やり過ぎないように慎重にトレーニングしました。40代ですから(笑)


練習を積み重ねていくうちに3000mを9分30~40秒で走る力が付いたと実感できました。

目標は9分38秒。

これは父である仁コーチが39歳の時に出した3000mのタイム(9分39秒)を上回るタイム僕は当時中2で、同じレースを走って負けました(T_T)

どうしてもこれを超えたい!!


前置きが長くなりましたが、結果はどうだったんでしょうか?

イメージ 1



9分38秒14(10着)!!

目標達成\(^o^)/

ギリギリでしたがクリアできてホッとしました(*^ ^*)

イメージ 2



右から4人目が僕です。見た目は高校生と区別がつきませんね(笑)

親子ほどの年の差がある高校生たちと競って自分のレースができたことは自信になりました。

自分の力より速い展開の場合、初めは無理せずでも集団から離れず我慢して、後ろからじわじわ行くのが得意のパターン。

いつも練習してたスタジアム、レースの雰囲気、緊張感、レース中の景色、苦しさ、すべてが懐かしく楽しかったです(^^♪

自分のレースが終わっても残って応援してくれた塾生に、レース運びを見せることができたのも嬉しかったです(^o^)

今回のチャレンジで得たものをまた指導に活かしていきたいと思います!

目標に向かって努力する楽しみ(^^♪
達成した喜び\(^o^)/
うまくいかないときの苦しみや悩みも(T_T)

みなさんと分かち合える、楽しくて頼れるコーチを目指して、これからも頑張ります!!